Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

おすすめ歪みエフェクター5機種【ギター初心者向け】

おすすめ歪みエフェクター5機種【ギター初心者向け】

  

さて、前の記事*1では、初心者ギタリストはコンパクトエフェクターを選ぶのが望ましいと説明しました。

では実際に何系のエフェクターを購入するべきなのかお話したいと思います。

 

 

ギターのエフェクターにはたくさんの種類があり、ざっと思いつくだけでも

オーバードライブ ジャキジャキ系

ディストーション ゴリゴリ系

ファズ ジリジリ系

コーラス ふわふわ系

リバーブ 残響音

ディレイ やまびこ

その他(チューナーやバッファなど)

など様々です。

 

 

その中でも一番最初に買うべきエフェクターは「歪み系」です!

 

f:id:AdolescentMusic:20190307025516j:plain

最初に歪み系をおすすめする理由としては一番使用頻度が高いからです。皆さんがイメージするギターの音=歪みと言っても過言ではありません。

ポップス、オルタナティブロック、パンク、ハードロック、メタル、フュージョン等の幅広いジャンルで使うことができるためまずはこちらを買いましょう。

 

 

少し話が脱線しますが皆さん「歪み」って読めますか?

実は「ゆがみ」とは読みません。

歪み(ひずみ)です。

DJDAWで作曲活動をしている人でも結構間違えて覚えている人が多いので注意してください。

 

 

 

 

今回具体的なおすすめ機種を紹介するにあたって初心者層をターゲットに以下の条件で5つに絞り込みました。

1.安価であること(1万円以内で手に入るもの)

2.定番機種であること(インターネット上に情報が多く、かつ店頭で試奏することが容易なため)

3.汎用性が高いこと(特定のジャンルのみに特化しているのではなく、幅広いジャンルに対応できること また他の歪みペダルと組み合わせてサウンドメイキングの幅を広げられること)

 

 

それでは独断と偏見に基づいたおすすめ5機種をどうぞ!

 

 

 

1.BOSS ( ボス ) / BD-2 Blues Driver

 

ジャリっとした抜けの良い歪みが特徴で、シングルコイルにもハムバッカーにも合います。ギターソロでブースターとして踏んだり、小気味よいクランチサウンドを作ったり、深い歪みのオーバードライブサウンドを作ったりと、幅広く使えます。

 

おすすめの使い方 メインの歪みとしても、ソロのブースターとしても!00年代の邦楽ロックバンドのイメージが強い機種かもしれませんが、ジャンルを問わずに使える良いペダルです。

 

 

www.adolescent-music.com

 

 

2.IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS9

Stevie Ray Vaughanが使ってる機種ですね。ストラトのセンターorフロントピックアップでソロ弾く時にこれを踏むと幸せになれます。他機種に比べてGainMaxにしてもそこまで深い歪みは出ません。

この機種はリッチな中音域のサウンドが特徴です。中音域というのはギターの最もオイシイ帯域なので、これを踏むと一気に「抜ける」音に変化します。バンドサウンドの中でも埋もれません。

 

おすすめの使い方 シングルコイルのギターのソロに!VolMax Gain8時の方向 Toneはお好みで!

3.MXR ( エムエックスアール ) / M104 DISTORTION+

ランディ・ローズが愛用したディストーションペダルです。

こちらは前の2機種に比べてハードロックやメタル向けの深く荒々しい、硬派な歪みエフェクターです。

ゲインを上げればサスティンも稼げますし、ピッキングハーモニクスの練習にも最適です。

もちろん軽い歪みにも使えます。

 

おすすめの使い方 ハードロックやメタルの激しい歪みに!

4.PROCO ( プロコ ) / RAT2

乾いたような激しいドライブサウンドが特徴のエフェクターでコードを弾いても程良い音の分離感があります。Distortionツマミを3時の方向まで上げていくとジリジリとファズのような歪みが加わります。Jeff BeckやAlex Turnerなどが使用しており、歴史の長いペダルです。

 

おすすめの使い方

5,6弦のリフが印象的なオルタナティブロックやポップスにに!

コードのバッキング

 

こちらのモデルはDCケーブルの端子が他のペダルと違ってセンタープラス対応となっています! ACアダブターで駆動させるためには変換プラグが必要なので注意してください。

 

5.BOSS ( ボス ) / ST-2

最後はまたまたBossのエフェクターST-2(Power Stack)です。

こちらはマーシャル系の真空管アンプに近い歪みが出ます。汎用性という意味では今回紹介した5機種の中では一番高いかと。(BD-2の歪みは多少のざらつきがあるので深く歪ませた時のサウンドにクセがあります。)

 

おすすめの使い方 JCのようなトランジスタアンプ対策に!

軽いクランチから深い歪みまでオールマイティに使えます。

 

いかがでしたか?

どの製品も自信を持っておすすめできるペダルです。特にBossの2機種は本当に優秀です。クランチ程度の軽い歪みで正確にピッキングニュアンスを拾ってくれるので、歪ませすぎないように練習すれば上達が早くなると思います。

 

電源について

忘れてはならないのがエフェクターを駆動させる電源です。

電源がなければエフェクターを踏んでも音は変わりません。

定番のやり方として

1.エフェクターに9V電池を入れる

2.ACアダプタで駆動させる

の二つがあります。

製品によってはどちらかの方法でしか駆動できなかったり、付属で電池がついていなかったりするので注意しましょう。

エフェクターの電源供給についての記事を書いたので、よかったら参考にしてください。

www.adolescent-music.com

シールドについて

もう一つ忘れてはいけないのがシールドです。

今までアンプに直接繋いでいた方は、ギターアンプと繋いでいるため必要なシールドは一本でした。

エフェクターを導入するとギターエフェクターアンプの接続になるためシールドがもう一本必要です。

こちらもお忘れなく!