Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

今更初代Apple Pencilを買ってみた【購入レビュー】

今更だが初代Apple Pencilを買ってみた【レビュー・おすすめの使い方】

 

 

f:id:AdolescentMusic:20190317224504j:plain



 

ついに私も先日Apple Pencilを購入しました!

 

 

現在使用しているiPad(2018Apple Pencil対応なのですが、絵を描くわけでもなく、自分には必要ないと思っていました。

しかし少し臨時収入が入りまして笑

ついに衝動買いをしてしまった次第でございます‥‥‥

 

 

 

数日間iPad&Apple Pencilの組み合わせを使用してみて、音楽活動にかなり使えるガジェットだと気付いたので、このブログで紹介させていただくことにしました。

 

 

 

 

 

 

Apple Pencilの素晴らしいところ

書き心地が最高

まず何と言ってもApple Pencilは書き味が最高ですね

これ結構衝撃でした。

よくクレジットカードで支払いするときに電子サインを求められますが、あれ正直書きにくいですよね。自分の手じゃないレベルで上手く書けません。

私の中でスタイラスペン=書きにくいというイメージがあったのですが、Apple Pencilを使ったらそんな考えは吹き飛びました。

まず遅延をほとんど感じません。本物の紙にペン先を走らせているような感覚があります。ペン先の素材のおかげかちょうど良い具合に摩擦感があり、本物のペンで紙に書いているような感覚になります。

もちろん筆圧も検知して色の濃さを調整してくれますし、さらにペンを当てる角度を変える事によって線の太さも変えられます。

下に参考GIFが貼りました。

これは実際に体験してみないとわからないと思います。

是非お近くの量販店orApple Store直営店でお試しください。

f:id:AdolescentMusic:20190317231650g:plain

 

指紋がつかない

私はあまり気にしないのですが、他の方のレビューでは結構このメリットについて触れられています。せっかくのお気に入りのiPadが指紋でベタベタになってしまったらカッコ悪いですよね。

Appleペンシルで画面を操作すれば指紋の跡は付着しないので、指紋を気にする方には絶大なメリットですね。

 

手書きのメモが捗る

人間という生き物にとって、結局紙とペンが一番インスピレーションを得られる媒体であることは間違いないでしょう。

パソコンやスマホも便利なんで大好きですけどね。

iPadとApple Pencilの組み合わせは、手書きとデジタルの良いとこ取りをしていると言っても過言ではありません。

下のGIFをご覧ください。

 

 

f:id:AdolescentMusic:20190317231716g:plain

 

ホーム画面をApple Pencilでタップするだけで純正のメモアプリが立ち上がります。

歌詞やコード進行のアイデアが浮かんだ時に、素早く手書きでメモることが可能なのです。やっぱりコード進行はテキストじゃなくて手書きで書きたいですよね。

歌詞もワードに打ち込んでいた時期もありましたが、あの味気の無さは創作意欲を削がれる気がします。

 

f:id:AdolescentMusic:20190317233213p:plain

 

このコード進行は適当に作りましたが、こんな感じでアイデアをいつでもメモアプリに保存できます。筆者はMacとiPhoneを使っているので、これを書いた直後にはiCloudで他の全てのデバイスに共有されています。いやー便利ですね。そのままLINEでメンバーにアイデアを共有すれば、わざわざ紙メモの写真を撮る必要もありません。