Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

新型AirPods(第2世代)を徹底的にレビュー ワイヤレス充電は便利?

本日2019/03/26に新しいAirPods(AirPods 2)を手に入れました!

 

 

f:id:AdolescentMusic:20190326155614j:plain

 

 

新機能の紹介も含めて、旧型AirPodsと比較してみたいと思います。

 

 

 

 

 

本体サイズは変更なし

 

f:id:AdolescentMusic:20190326155649j:plain

 

(右が新型、左が旧型) 

本体サイズに変更はありません。

公式サイトによると、新型のワイヤレス充電対応ケースの重さが38g→40gと変化していますが体感では判断できないと思います。

f:id:AdolescentMusic:20190326155945j:plain

一番の変更点は、充電中やペアリングの時に使用するLEDインジケータが内側から外側へ移動したことですね。

 

f:id:AdolescentMusic:20190326155751j:plain

f:id:AdolescentMusic:20190326155759j:plain

 

外箱や本体についても大きな変更は無し。
 


ワイヤレス充電が便利

f:id:AdolescentMusic:20190326155855j:plain

ある程度予想していましたが新機能のワイヤレス充電はとても便利ですね。

AirPodsは普段iPhoneと同じく毎日充電するデバイスなので、充電時のストレスが大幅に減りました。

充電器に載せるだけで充電が始まるなんて、、、、

今回の目玉機能の一つで、これだけでも買い換える価値はあると思います。

本体サイズは変更されていないため、旧型に対応したシリコンカバーなどはそのまま使えます。

しかしカバーの厚さによってワイヤレス充電が使用不可になってしまう場合も考えられるので、シリコンケースの購入を考えてる人は新型対応のモデルを待ちましょう。

 

 

 

 

デバイス間の切り替えが速い

公式サイトではMac/iPad/iPhone等のAppleデバイス間の切り替え速度が、最大2倍高速になったとアピールしています。

実際旧型と新型の両方で試してみたところ、確かに速くなっていますね。

これは驚きでした。通信環境にも左右されると思いますが、私の体感では1~2秒でiPad⇆iPhone Xの切り替えが完了しています。

ブラッシュアップされたH1チップ(旧型はW1チップ)の実力を見せつけられました。

 

いつでもHey Siriがスタンバイ状態

iOSデバイスに触れることなく「Hey Siri」と呼びかけるだけでSiriが起動するHey SiriがAirpodsでも使えるようになりました。

旧型のAirPodsでは手元のiPhoneを操作してSiriを起動するか、iPhone本体のマイクに向かってHey Siriと呼びかける必要がありました。

筆者は「Hey Siri」のヘビーユーザーです。

天気を聞いたり、誰かに電話を掛けたりとても重宝しています。

この新機能のおかげで、外出中でもポケットからiPhoneを取り出すことなくSiriを起動させることができます。

え?外で声出すのが恥ずかしい?

歩きスマホ、危険ですよ。

 

 

f:id:AdolescentMusic:20190326160117p:plain

 

ペアリングも今まで通りとても簡単で5秒で完了します。

同一のiCloudアカウント上のデバイス全てに登録されるため、一度iPhoneで登録をしてしまえば、iPadやMacにデバイス登録をする必要はありません。

 

遅延が改善された 

新搭載のH1チップによって音声遅延が30%改善されたようです。

これについてもYouTubeや音楽等でシークバー動かして旧型と比較検証してみました。

正直に言いますと、遅延についてはそもそも第一世代AirPodsがとても優秀だったため、劇的な改善を感じることはできませんでした。

音ゲーにはキツいと思いますが、映画や音楽鑑賞に使用する目的であれば全く気にする必要はありません。

音質については変更なしです。

 

気になる価格は?

今回新規・旧型ユーザー向けに三つのラインナップが用意されています。

 

AirPods with Wireless Charging Case 税別22,800

 

 


Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

 

こちらがワイヤレス充電ケース付きの新型モデル 

 

 

AirPods with Charging Case 税別17,800 


Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

 

こちらはイヤホン部分は新型で、ケースがワイヤレス充電非対応のモデルになります。ワイヤレス充電に興味がない人はこちらのモデルを選ぶといいと思います。

 

 

またWireless Charging Case(税別8,800が単体で販売されています。


Apple Wireless Charging Case for AirPods

こちらは旧型ユーザーがワイヤレス充電のために、ケース部分だけを買い換える時に重宝しそうですね。

 

 

2018年からAmazonがAppleデバイスの正規代理店となりました。

Amazon経由でApple製品を購入するメリットはポイント還元です。

Apple Online Storeではポイント制度は導入されてないので、Amazonユーザーにとっては大きな恩恵を受けられるでしょう。

またApple製品はセールを行わないことで有名ですが、Amazonでは定期的に特定の商品と合わせ買いをすることで安く買うことができるクーポンを配布しています。

 

 

まとめ

旧型・新型の両方を使用した印象では、Airpods(第二世代)は劇的ではないけれども手堅く進化しているデバイスだと感じました。

それと同時に旧型AirPodsの完成度の高さも再確認させられましたね。

Appleデバイスを愛用している人には文句なしにおすすめできる製品だと思います。

旧型ユーザーの買い替えの目安としては、「ワイヤレス充電の必要性」「旧型Airpodsのバッテリーの劣化具合」で判断するといいと思います。

ワイヤレス充電ケースだけ買い換えるのもありです。

旧型ケースをメルカリで売却すれば新型の購入費用にも当てられますね。

 

  

www.adolescent-music.com

www.adolescent-music.com