定番クリーンブースター MXR Micro Amp 【レビュー&使い方】

今回は定番中の定番であるこのペダルをご紹介いたします。

皆さんご存知のクリーンブースター“MXR Micro Amp”です 。

 “MXR Micro Amp”とは

見た目の通り、魂の1ノブで音量をコントロールします。

ただそれだけです。

でもそれがこの上ないほど便利なんです。

実はギターを始めてから2年目くらいまでは、たくさんツマミがある=正義だと思ってました笑

たくさんツマミがあるエフェクターも素晴らしいですが、シンプルなインターフェースというのも重要です。

音作りのシンプルさ・速さを実感するにはこのペダルが最適でしょう。

使っているアーティストはJohn FrucianteやBeck、Noel Gallagherなど数え切れません。

シンプルなコントロール部分とは裏腹に驚異的な汎用性を持つこのペダル

今回はオススメの3つの使い方を紹介します。

プリアンプ・バッファとして

筆者は歪み系の最前段でプリアンプ・バッファ的に使用しています。

クリーントーンの存在感が増し、さらに後段の歪みペダルのノリも圧倒的に良くなります。

この用途で使用するときは常時ONにしておくのがいいでしょう。

Micro Ampを通さないクリーントーンは物足りなく感じてしまうほどです。

ブースターとして

次点でブースターとして使っている人も多いと思います。

メインの歪みペダルの前段に繋ぐと歪みの量をコントロールするゲインブースターとして、後段に繋いでソロ演奏時の音量アップにも使えます。

もちろん真空管アンプをMicro Ampでブーストさせることも可能です。

アンプに直接繋ぐよりも太くてコシのある歪みを得られますよ!

ピックアップの出力不足を補う

こちらはMXRの公式サイトでも紹介されている使い方です。

シングルコイルやハムバッカーのギターを持ち替える時に、各ピックアップの出力差に悩む人も多いと思います。

Micro Ampのようなクリーンブースターは、音を歪ませずに音量のみを上げるためスムーズにギターを持ち替えることもできます。

まとめ

今回ギタリスト目線で記事を執筆しましたが、Micro Ampはベースにも使えます。

有名なベーシストではFlea(Red Hot Chili Peppers)が使用していますね。

例えばXOTICのEP Boosterと違って個性たっぷりの味付けは加えず、Micro Ampはジャンルやピックアップを問わずに音に艶を与えてくれます。

個人的にはBD-2をも凌駕する汎用性を持っているペダルだと思っているので、持ってない方は一度試奏をしてみてください。