Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

【レビュー】Korg microKEY2-Air 25/37 コンパクトなMidiキーボード

今月は結構散財していますね、、、

しばらく節約生活が続きそうです泣

 

 

今回はMidiキーボードを紹介したいと思います!

 

以前はAlesis QX49を使用していて、2ヶ月ほど前にメルカリで売却してしまいました。

特に不満はなかったのですが、各8つのスライダー&ノブを使用する機会がなかったため、

もう少しコンパクトなモデルに乗り換えました!

 

 

 

 

Korg microKEY2-Air 37

f:id:AdolescentMusic:20190616184609j:plain

 

シンプルで使いやすいミニ鍵盤

シンセサイザーで有名なKorg社のmicroKeyシリーズです。
コンパクトなボディながら弾きやすい鍵盤を備えた私にとっての理想のMIDIキーボードです。
 
DTMを始めたころは、スライダーやノブがたくさんついているMIDIキーボードが使いやすいと思っていましたが、
シンプルイズベストですね。
 
ノブやスライダーでDAWソフトをコントロールする場合は、専用のMIDIコントローラーの方がいいです。
拡張性や機材の配置の柔軟性の面でもメリットがあります。
例えばAbleton live用のPush2やNative InstrumentsのKontrol/Maschineなどの特化型コントローラをおすすめします。
 
私がMIDIキーボードに求めることは、単純な鍵盤入力機能のみです。
 
このKorgのmicroKEYシリーズは高い水準でこれをクリアしています。
 
Korgが開発した「ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード」が本当に弾きやすく、ピアノを習っていない人でも快適に打ち込みができると思います。
 

Bluetooth接続

f:id:AdolescentMusic:20190616192705j:plain

実はこのmicroKEY AirシリーズはUSBでの有線接続に加えて、Bluetooth接続も行うことができます。
通常iOSへの有線接続は変換ケーブルが必要ですが、Bluetooth接続であれば文字通り無線接続なので別途ケーブルを買う必要はありません。
 筆者はおまけ機能として考えていますが、ライブで使いたい人やUSBポートを節約したい人にとってはありがたい機能ですね。
 
レイテンシーはパソコンやタブレット側の性能に大きく左右されるので、ライブで使用する場合はバッファサイズを詰める必要があるかもしれません。
 
 
 ↓Bluetooth機能を省いて少しリーズナブルになったモデルもあります。 
サウンドハウス