定番アナログコーラス”Electro-Harmonix Small Clone”【レビュー】

Electro-Harmonix Small Cloneの写真

「実績のある製品が欲しいが、個性も大切にしたい。」

「今使っているコーラスが爽やかすぎる。」

「エグくかかるコーラスが欲しい。」

「とにかくKurt Cobain(Nirvana)が大好きだ。」

ご紹介するSmall Cloneはそんな方々におすすめ!

定番モデルと言いながらも、なかなか変わり種な1台です。

Electro-Harmonix Small Clone

私が載せたSmall Cloneもだいぶ年季が入っていますが、昔からあるエフェクターです。

Nirvanaの”Nevermind(1991)”の頃からKurt Cobainの足元にありますからね。

こちらの動画でもNirvanaの”Come as You Are”のリフを弾いていますね。

ああいったエグいサウンドから、優しいサウンドまでカバーしています。

いずれにせよ、「わかりやすい」かかりをするエフェクターです。

そこで好き嫌いが分かれそうですね~。好きな人は筆者のように手放せなくなります笑

「薄がけ」できないわけでもないですが、DEPTHは2段階なのでそこはよく考えてください。

シンセサイザーにも使えます!音に厚みが出ますね。

Kurt Cobain以外にも愛用者多数

定番のコーラスペダルなだけあって、プロの愛用者も多いようです。

まずはなんといってもKurt Cobainですよね。

一時期はSmall Cloneを買って箱を開けると、「Nirvanaが云々」と書いてあった気がします。

ほかにはThe Edge(U2)ですね。ディレイの神ですが、コーラスのイメージもあるかも。

あとはやっぱり、そのどこか暗いサウンドから、オルタナ勢に人気ですね。

J Mascis(Dinosaur Jr.)ときて、Billy Corgan(The Smashing Pumpkins)の名前も。

大きな筐体に潔いコントロール類

筐体がそこそこデカいです。難色を示す方もいらっしゃいますよね。

一応、後継機種のNano Cloneは筐体が小さくなっていますが、音が違います。。。

「エレハモあるある」だなあと思います。

コントロールは二段階の切替式のDEPTHとRATEノブのみです。

DEPTHなんて「かかりが強いか、そうでもないか」しか選べませんからね。潔い!

というか、このペダルにはあまり器用さは求めないでやってください。

「こいつでしか出せない音がある」という、強力な個性があるのでそれで十分ですね。

バッファードバイパスなので繋ぐと原音が変化して、音が少し丸くなる印象です。

このコーラス自体が、温かみのある音質ですからね。

キラキラ・ハイファイなコーラスサウンドではないです。そこが合うかどうか。

まとめ

温かみのあるコーラスサウンドを求めている人には自信を持っておすすめできます。

Nirvanaが好きな人は言わずもがなです。Come As You Areを弾こう!