Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

自宅&ライブで使えるワイヤレスシステム BOSS WL-60【レビュー】ギター・ベース用

こんにちは。
 
8月に入り本格的に暑くなってきました。
昨年あたりから、ワイヤレスシステム関連の動画やブログ記事が増えてきている印象です。
ついに本格的なワイヤレスの波が来ましたね! 
 
今回は話題沸騰中の新製品、BOSS WL-60を購入したのでレビューしたいと思います!
 

BOSS WL-60 

f:id:AdolescentMusic:20190812205827j:plain

 

 

遅延&ケーブルトーンシミュレーション

ワイヤレスでどうしても気になってしまうのは遅延ですよね。
WL-60のスペックですが、伝送範囲は見通し20mでレイテンシーは2.3msとなっています。
特にレイテンシーに関しては非常に優秀ですね。
人の耳では区別が付かないほどだと思います。
アンプから観客に伝わる音の伝達スピードの方が遅いので、ライブ用途においても全く問題なしです。 
またBOSSのワイヤレスシステムは目玉機能としてケーブルトーンシミュレーションを搭載しています。(一部機種のみ)
有線ケーブルを使用したときと同じ音質の劣化具合を再現してくれます。
ON時の音質に関しては高音が少し減衰する感じでしょうか。

モニターで電池残量を確認

f:id:AdolescentMusic:20190812204807j:plain

 WL-60は単三電池二本で最大25時間駆動します。Xvive XV-U2が最大5時間の駆動時間であることを考えると、約5倍の持続時間です。

また下位モデルのWL-50や他社の安価なモデルと違い、

WL-60ではレシーバーのパネルでチャンネルや電池残量やケーブルトーンの有無等が確認できます。

特に電池残量が確認できるのは非常にありがたいですね。

干渉の少ないチャンネルを自動で選択

WL-60では全14チャンネルが使用できます。

さらにレシーバーのScanを押すことで、干渉の少ない帯域をスキャンし自動でチャンネルを設定してくれます。

あとはトランスミッターのチャンネルを合わせれば準備完了です。

 

他のペダルに電源供給&有線でも使える

WL-60はただのワイヤレスシステムではなく、他のペダルに電源供給を行うための9VDC端子を搭載しています。
さらに筆者のお気に入りポイントなのですが、有線のInputジャックも搭載しており、
有事の際には通常通り有線シールドを接続することができます。  
昨今のワイヤレスシステムはよほど粗悪・安価なものでない限り安定して動作しますが、大きいライブ会場ではBluetoothやWi-Fiなどの電波が多く飛び交います。
 
「何かあってもシールドを繋げば演奏できる」といった、BOSSの現場目線で設計する姿勢には毎回驚かされますね。

おすすめアクセサリー

こちらが付属のトランスミッター

f:id:AdolescentMusic:20190812205936j:plain

これだけでは心許ないため、トランスミッターにはホルダーを装着することをおすすめします。

WL-60にもストラップに引っ掛けるためのクリップがありますが、それだけではライブ中の激しい動きに耐えられない可能性があリます。

 

トランスミッターホルダーはいくつかのメーカーが販売していますが、機能面での違いは無いに等しいので、サイズだけ注意して選びましょう。

参考までに筆者が使用しているモデルを下記に載せておきます。

サウンドハウス