Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

ギタリストの必須エフェクター!! おすすめクリーンブースター5機種

f:id:akiblues:20191128182657j:plain

今年もあと少し!生活にブーストをかけていきたいakibluesです。

 

さて、皆さんはこんな経験はありませんか?「ライブでギターソロを弾いたはいいが、バッキングに合わせて音量を調整していたので、アンサンブルに埋もれてしまった。」「どうもクリーントーンに迫力や色気が足りない。

 

その悩み、クリーンブースターにお任せください。

 

クリーンブースターとは?

「ギターの音を"歪ませずに"音量を上げたり、音を太くしたりするエフェクター」

それがクリーンブースターです。ざっくりとした括りで言えばこれもオーバードライブやディストーションといった歪みペダルの一種です。

 

 

他の歪みペダルとの違いはずばり「歪ませない」こと。矛盾してますかね?笑

音を歪ませずに音量だけを上げたり、音を太くするなどの味付け効果が期待できます。

 

だから、ギターソロを弾くときに音が埋もれないように踏んだり、

ギターの音色を整えるために常時ONにする用途に向いているんです。

 

このギターの音色を整えるという用途ですが、クリーントーンはもちろん、歪みペダルやアンプで作る歪みにさらなる"深さ""コシ"を求めて使われることも多いです。

ノブが1つしかないモデルも多いんですが、意外と奥が深いエフェクターですよ!

 

今回は安価なものから高級機まで、味付けの薄いものから濃いものまで、

幅広く5つを選んでみました。それでは実際のモデルを紹介していきます。

 

Xotic EP Booster

www.youtube.com

Echoplexの魂がコンパクトボディにギュッと詰まってる。

皆さん、エコープレックスというエフェクターはご存じでしょうか。

Jimmy Page(Led Zeppelin)ら伝説的なギタリスト達によって使われた、

エコーを発生させるエフェクターです。でも彼らの本命はエコー効果ではないんです。

 

これを繋ぐとギターの音が太く艶やかになります。魔法のような効果です。

だから、エコーをオフにしてこの味付け効果のみを狙って使われることも多かったのです。

 

このEP BoosterはあのEric Johnsonも認めるほど、エコープレックスの味付けサウンドをよく再現しているんです。Ericといえば、「アンプの上に埃が被っているとサウンドが違う」と言ったり、ペダルを置く木の板に異様にこだわったりする、クレイジーなくらい耳が良い人です。

 

念のために言っておきますが、エコー効果はついていません。要はみんなエコーマシンというより、ブースターとして使っていたということなんでしょうね。

あと、実際のEchoplexってめちゃめちゃでかいんですよ!コンパクトに越したことはないですよね。

 

クリーンブースターにありがちな1ノブのペダルですが、内部スイッチでEQ特性を切り替えることができます。また、電源も標準的な9Vから18Vまで対応しているので、

より広いヘッドルームを求めることもできます。

 

純粋に音量を大きくしたいだけの方には味付け過多なこともあるかもしれませんが、

皆さんもきっとこの味が病みつきになること間違いなし!

さあ、こんなに褒めちゃってあと4モデルどうしましょうか…笑

 

 

TC ELECTRONIC Spark Mini Booster

 

www.youtube.com

せっかくなので先程のEP Boosterとのvs.動画です。

安価、コンパクトボディ、そして特別な機能。

 筆者はこのモデル、先述したEP Boosterの強力なライバルだと思っています。

価格は半分以下で、今回ご紹介するペダルの中でも最安です。

しかしながら、同じくコンパクトボディに魅力がギュッと詰まっています。

 

特にご紹介したいのがPrimeTImeという機能。これはすごいですよ!

スイッチを踏んでいる長さに応じてラッチ式とモメンタリー式を切り替えできます。

これが何を意味するかというと、「足で踏んでいる間だけブースト」ができます。

 

 

まるでボリュームペダルのようですよね。フレーズごとに音量をプラス方向に

コントロールできるので、いっきに表現力の幅が広がるんです。

 

もちろん、単に音をブーストするだけでなく、適度な味付けとともに音をブーストしてくれます。先程のEP Boosterと比べると、より明るいサウンドという印象でしょうか。これは大変なエフェクターだと思います。憎いね、TC ELECTRONIC。

 

MXR Micro Amp

www.youtube.com

安価、ザ・クリーンブースター。

以前にも当ブログでご紹介したMXR Micro Ampです。

 

www.adolescent-music.com

John FrucianteBeckNoel Gallagherといった数え切れないほどの大御所にも

愛用されており、ザ・クリーンブースターといったかんじのモデルです。

 

「バッファ、プリアンプ的用途」「ブースター」「ピックアップの出力不足を補う」

 

といったクリーンブースターに求められていることをそつなくこなす優等生ですね!

バッファについてはこちらの記事が詳しいので、よかったら読んでみてください。

 

www.adolescent-music.com

 Micro Ampはクリーンブースターの業界標準と言っていいのではないでしょうか。

音色の変化もとても自然で、広く愛されている理由はそこにあるのかもしれません。

 

Xotic RC Booster V2

www.youtube.com

2つのゲインチャンネル、自由度の高い設計。

EP Boosterに続きXoticからもう1モデル紹介させていただきます。

 

RC Boosterは2つのゲインチャンネルと、トレブルとベースの2つのイコライザーを搭載したクリーンブースターです。今回ご紹介するモデルの中でもとびきり自由度の高いペダルに仕上がっています。

 

あれ?RC Boosterってこんなだったっけ?とちょっと前からギターを弾いている方は感じたかもしれませんが、こちらは2016年にリニューアルされたバージョンなんです。

以前は2つめのGainはなかったし、スイッチも1つでしたよね。

 

右側のスイッチでOn/Offの切り替え、左側のスイッチでGain2のOn/Off切り替えができます。青白く光っているのがGain2のノブですね。EP Boosterと同様、9Vから18Vまでの電源に対応していますから、より広いヘッドルームを得ることができますね。

 

Gain2がついていますが、そんなにバキバキ歪むとかではありません。

「手を添えてあげる」というかんじでしょうか。ゲインを自然にプラスしてくれます。

これとEQの組み合わせで自分好みの音に仕上げることができるというわけです。

 

筆者が使うとしたら、常時Onにしてギターソロを弾くときはGain2をOnにします!

 

 

ZVEX Vexter Box Of Rock

www.youtube.com

3:40~くらいからがクリーンブースターとしての使い方の紹介です。

マーシャル系の歪みペダルとの2in1、自然に太くなるブースター。

「おいおいこいつディストーション紹介し始めたぞ」と思った方も多いかと思います。

確かにこれはディストーションペダルなんですが、このペダルのブーストセクションは

Super Hard Onという同社のクリーンブースターと同じ回路を使っているんです。

 

正直な話、Super Hard OnとBox Of Rockは値段があまり変わらないので、

どうせならディストーションもついてくるBox Of Rockを買ったほうがお得ですよ。

 

 

ディストーション部分とクリーンブースター部分はスイッチで完全に別れています。

よって、ディストーション部分は使わないという場合でも、特に不都合はありません。

 

実は以前に当ブログで自作エフェクターに関する記事を書いたとき作ったのが、

このBox Of Rockのブースト部分であるSuper Hard Onでした。

 

www.adolescent-music.com

 

肝心の音ですが、ディストーションはマーシャル系の最高にご機嫌なサウンドです。

そして本題のクリーンブースター部分。これはとても自然に音が太くなります。

筆者もずいぶん長いこと愛用していて、弟にも勧めました笑

 

 

まとめ

 ざっくりまとめさせていただきます。

・味付けの薄いペダル

MXR Micro Amp

ZVEX Vexter Box Of Rock

・味付けの中くらいなペダル

TC ELECTRONIC Spark Mini Booster

・味付けの濃いペダル

Xotic EP Booster

・自分の好きな味に料理できるペダル

Xotic RC Booster

 

クリーンブースターは結構使う人の好みが出ます。どれが一番良いかと言われると、

十人十色の答えが返ってくるかと思います。常時Onにする用とギターソロ時に踏む用で2つのクリーンブースターを使うということもよくありますしね。

 

今回は完全にギタリスト目線で書きましたが、ベーシストの方にもおすすめです。

有名なベーシストではFlea(Red Hot Chili Peppers)がMicro Ampを使用しています。

皆さんのお気に入りのペダルが見つかれば、幸いです!