Adolescent Music Blog

ミュージシャン、ベッドルームプロデューサーに役立つ情報を発信するメディア

【初心者必見!】オーディオインターフェースとは?必要なの?【オススメ5機種】

今回はDTM・配信初心者向けにオーディオインターフェースについて解説します!

この記事を読めば①なぜオーディオインターフェースが必要か?、②何を買えば良いのか?の二つが完全にわかりますので、最後までお付き合いくださいませ〜。

オーディオインターフェースって何? 

f:id:AdolescentMusic:20200726012536p:plain

まず最初になぜオーディオインターフェースとは何でしょうか?

なるべく簡潔に言うとオーディオインターフェースとは音をPCに録音する、またはPCの音を外部に出力するためにデジタルとアナログの信号を相互に変換する物」です。

これではちょっとわかりにくいかも、、、?

もっと乱暴な言い方をするとオーディオインターフェースが無いと楽器や声をPCに録音できませんよ!っていうことです。

例えばマイクやギターをPCに録音したいと思っても、ギターやマイクのケーブルをPCに繋げる端子ってありません。

まず物理的にケーブルが刺さらないのです。

さらにPCに音を録音するということは、空気の振動である音の情報(アナログ)をPCが読み取れるようにデジタル信号(0と1の2進数、つまり"パソコン語"的な笑)に変換する必要があります。

USB接続のマイクなどはPC側でこの変換を行っている物もありますが、ノイズが出てしまったり、そもそも録り音がモコモコで解像度が低かったり、とても楽曲制作に耐えられるレベルではありません。

そこでオーディオインターフェースがギターやマイクからの信号をアナログ→デジタルに変換することでPCにノイズの少ない音を録音できるのです。

またPCからの音をスピーカーやヘッドフォンに出力するときも、PC側のデジタル信号をアナログ信号に変換してあげることで、高音質な音を出すことができます。

こちらもUSB接続のスピーカー等を使えばオーディオインターフェースを使うことなく、音を出力できますが、当然専用機であるオーディオインターフェースを使った方が音は良いです。

それはもうカニとカニカマぐらい違います。 

したがって、楽器や歌を録音して音楽を作りたい人高音質な音で配信を行いたい人にとっては必須アイテムとなります。

オススメオーディオインターフェース5機種

【初心者向け】税別1万円前後

Native Instruments/KOMPLETE AUDIO 1