Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

【準備編】自作エフェクターを始めよう!

 

自作エフェクター?

f:id:akiblues:20190318193955j:plain

 

皆さん知っていますか?エフェクターって自分で作れるんです!もちろん、道具を揃えたり、材料を揃えたりと時間はかかります。とはいえ、だいぶ安価に(ときには市販の10分の1なんてことも!)仕上がりますし、自分好みの部品を使ったりもできます。モディファイもやりやすいです。

 

電子工作って難しい?大丈夫です、難しい知識は要りません。筆者はチンパンジーみたいな文系大学生で、恥ずかしながら小学校の理科も怪しいくらいです。それでも今まで10台くらいはエフェクターを作って、すべて正常に動作させています。特に、お金のない高校時代は本当にお世話になりました。はじめての1台、作ってみませんか。

 

 

今回はシリーズ「自作エフェクターを始めよう!」の【準備編】ということで、自作エフェクターのざっくりとした解説と、準備するべき工具についてお伝えします。

 

エフェクターは「部品の足と足の組み合わせ」

エフェクターはたくさんの部品が集まってできています。コンデンサ、抵抗、ダイオード、トランジスタ、などなど…。それらの部品の「足」同士を基板の上で組み合わていくのが、エフェクター作りの中心となる作業。上から見るとこんなかんじ。

f:id:akiblues:20190319033323j:plain

 

ひっくり返して裏を見てみましょう

 

f:id:akiblues:20190319033327j:plain

 

よっと!

 

f:id:akiblues:20190319033330j:plain

裏はこんなふうになっています。パーツの足と足をつないで、はんだでとめてるんです。この基板を金属の箱にぶち込んで、ジャックやスイッチと配線すれば完成です。インターネットで調べると、皆さん綺麗に配線していてびっくりします。筆者はまだまだ下手です!

 

思ったより難しそうですか?でも、この写真のエフェクター(Demeter のCompulator)はやや面倒な部類です。【実践編】では、もっとパーツが少なくて済むエフェクターを作ります。

 

工具を揃えよう!

f:id:akiblues:20190318195925j:plain

筆者がエフェクターを作るときに使っている工具を撮影してみました。ひとつひとつ解説していきましょう。実はこれに加えて電動ドリルなんかも持っています。これはエフェクターのケースに穴を開けるために使うのですが、最近は穴開け済みのケースも売っているので、今回は省かせてもらいました。あまり初期投資が高くなると、自作する気が失せてしまいますからね。

 

1.はんだごて台

 はんだごてを置いておく台です。筆者は100円ショップで買ったのですが、やや貧弱なのでちゃんとしたものを買ったほうがいい気がします。スポンジがついてるタイプとかありますからね。

 

2.はんだごて

中学で使い方を習ったという方もいるかもしれません(歳がバレるのかな?)。100円ショップにも置いてありますが、温度があまり高くならなかったり、温度が上がるのが遅かったりします。作業効率に関わりますから、もうちょっと良いものを買いましょう。

 

筆者は55Wのものを使っています。これぐらいあれば大丈夫です。今回は50Wで、かつ温度を調節できる便利なはんだごてをご紹介してみました。

 

自作エフェクターだけでなく自作シールドケーブルを作る人も多いかと思います。そういった多用途に対応するためにも、温度調節機能は断然おすすめです。なぜなら、エフェクター部品のなかには高温に弱いものがあったり、逆にシールド製作では温度が低いとハンダがのらなかったりするからです。

 

3.はんだ

4.はんだ吸取り線

 

 

5.はんだ吸取り器

太洋電機産業 グット はんだ吸取器 GS-100

楽天市場で購入

Amazonで購入

Yahooショッピングで購入

 

 

6.電工ペンチ

 

 

7.ニッパー

f:id:akiblues:20190422003110j:plain

ギタリストやベーシストであれば、弦を交換するときにニッパーを使うのではないでしょうか。筆者は100円ショップで買いました。使い捨て感覚ですね。取り回しがいいので、エフェクターパーツの"足"を切断するのに使うことが多いです。

 

8.ラジオペンチ

f:id:akiblues:20190422003059j:plain

パーツをつかんだり、足を曲げたりと大活躍のラジオペンチです。こちらも100円ショップで買いました。

 

9.プラスドライバー

f:id:akiblues:20190422003131j:plain

これはどこのご家庭にでもあるのではないでしょうか。エフェクターの蓋を閉めるのに使います。

 

思ったより工具が多くてびっくりしている方もいらっしゃるかもしれませんが、100円ショップをうまく活用してください。最後にもう一度言いますが、はんだごてにはお金をかけましょう。

 

まとめ

今回はシリーズ「自作エフェクターを始めよう!」の【準備編】として、ごくごく簡単な自作エフェクターの解説と、準備するべき工具についてお伝えしました。

 

まだこの記事だけだと何もわからないので、ぜひ【回路の探し編】もご覧になっていただきたいと思います。そして【実践編】ではZ.VexのSuper Hard Onというクリーンブースターを作ります!

 

 

www.adolescent-music.com

www.adolescent-music.com