Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

DTM用のおすすめモニタースピーカー"YAMAHA HS5"【レビュー】MSP3との違いを比較

ご無沙汰しております、今回は共同執筆者のakibluesが書かせていただきます!

 

 DTMをやるうえで、ヘッドフォンだけでのミックスやマスタリングは不安です。

モニタリング環境は多いほうが、より良い意図した音像を作れます。

私はヘッドフォン2つとモニタースピーカーでモニターしています。

 

モニタースピーカーといえば主な用途はミックス・マスタリングですから、

重要視するのは正確な再生能力や解像度です。 筆者は2年以上使っていますが、

今回ご紹介するYAMAHA HS5低価格で高解像度を実現していますよ!

 

そして、今回は同じくYAMAHAの定番モニタースピーカーであるMSP3との比較も入れてみました。なぜ筆者はMSP3ではなくHS5を選んだのかが分かる内容になっています。

 

 

 

YAMAHA HS5

 

f:id:akiblues:20190623163316j:plain

 

 

 

低価格ながら高解像度

 さすがYAMAHA!バランスの良いフラットな音ペアで3万円を切る低価格で実現しています! 

 

同じメーカーから出ていて価格も近いYAMAHA MSP3とよく比較されるのは先程述べたとおりですが…結論から言います!

 

マンションやアパートならMSP3、一軒家ならHS5を選びましょう!

 

www.adolescent-music.com

HS5はMSP3よりも高音域の解像度で上回り、低音域もより重たいところまで再生できるという印象ですが、筆者の印象よりも具体的な周波数特性を見てもらいたいです。

 

MSP3が65Hz~22kHzなのに対して、HS5が54Hz-30kHzとなっています。

 

印象通り、HS5のほうがかなりワイドレンジになっています。これは単純に大きさの問題ですね。スピーカーの口径もMSP3が3インチなのに対してHS5は5インチですから、その分の余裕があります。

 

パワーアンプの大きさも、MSP3が20Wなのに対して、HS5は70Wです。これが大きな音で再生しても音が破綻せずに余裕があることの証左でもあるでしょう。

 

基本的にはジャンルを問わずしっかりモニタリングできますが、40Hzを下回るような超低音域の表現力には、大きさなりの限界があります。一部のクラブミュージック等ではそういった低音がよく出てくることがあります。

 

そんなときはウーファーを使ってみましょう。ウーファーというと、いかつい人たちの車に積んであるヤバい物のようなイメージがある人もいるかとは思うのですが、低音の再生に特化したスピーカーの一種で、通常のスピーカーで再生できない帯域を補うことができます。

 

モニタースピーカーは当然ながらモニタリングで本領を発揮しますが、リスニング用途にもおすすめです。基本的にどんなジャンルでも合うかとは思いますが、筆者は古めのジャズが一番合う気がしています。元気な高音域と自然な低音が当時の録音とよく合うので、大変お気に入りです。

 

f:id:akiblues:20190623171439j:plain

 

 

 

ある程度大きな音で

先程「マンションやアパートならMSP3、一軒家ならHS5を選びましょう!」と述べましたが、その理由は音量です。集合住宅など、あまり大きな音を出せない環境ならMSP3を使ったほうがいいと思います。HS5はある程度大きな音で使いましょう。

 

もちろん、小さい音で使えないわけではなく、むしろそのバランスが崩壊しないことに驚かされるのですが、このスピーカーはある程度大きな音で使うことを前提として作られていると感じます。

 

先程も述べたとおり、70Wのパワーアンプを積んでいるわけですから、大きな音が前提の設計でしょう。エレキギターのアンプも、大きな音で演奏したときに力を発揮するモデルが多いですよね。

 

筆者は幸いにしてご近所さんから「ギター上手に弾かはりますなあ(訳:ギターの音がうるさいですよ)」と言われたこともないので、大きな音でのモニタリングが可能な環境にいます。HS5は同じように一軒家にお住まいの方におすすめしたいです。

 

コントロール類はバックパネルに

 

f:id:akiblues:20190623173647j:plain

バックパネルにはルームコントロールとハイトリムがついていてそれぞれ調節できますが、筆者はあまり使ったことがありません。このあたりは部屋の環境や、スピーカーのセッティングに大きく左右されますね。 

 

こちら頑張って書いた記事なので!ぜひ読んでください。

 

www.adolescent-music.com

 

スピーカーのセッティングには拘りましょう。1ランク上のモデルにしたかのような変化が得られます。筆者もHS5を買ってすぐのころは、部屋の環境とHS5の相性が悪く「なんだか低音域がぼわぼわする」「高音域が耳に刺さってうるさい」と、困っていたのですが…意外と低予算で改善できるものです。

 

特にインシュレーターはおすすめですね。低音域が締まりましたし、全体的な解像度も向上しました。

 

話をHS5本体に戻しましょう。入力にはXLRとフォンが対応しています。

 

筆者はオーディオインターフェースからCANAREのフォンで繋いでいますが、丈夫なうえに安くておすすめですよ。ギターのシールドもCANAREです。

 

YAMAHA HS5のレビューでした。ペアで3万円以下と大変安く、大きさにものを言わせた余裕のあるスペックなので、ある程度大きな音が出せる方には本当におすすめできるモデルです。

 

再三になりますが、マンションやアパートにお住まいの方にはこちらのMSP3がおすすめです!

 

www.adolescent-music.com