Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

コスパ最強!高解像度モニタースピーカー"YAMAHA HS5"【レビュー】

ご無沙汰しております、今回は共同執筆者のakibluesが書かせていただきます!

 

筆者はギターも音楽鑑賞もなるべく大きな音で楽しみたい人です。

幸いなことにご近所から苦情をもらったこともなく、家でもなかなかの音量です。

ですからDTM用にモニタースピーカーを選ぶときも、

お財布と相談しつつ「大きな音で力を発揮するモデル」を探しました。

 

もちろんモニタースピーカーといえば主な用途はミックス・マスタリングですから、

重要視するのは正確な再生能力や解像度です。 筆者は2年以上使っていますが、

今回ご紹介するYAMAHA HS5低価格で高解像度を実現していますよ!

 

 

YAMAHA HS5

 

f:id:akiblues:20190623163316j:plain

 

 

 

低価格ながら高解像度

 さすがYAMAHA!バランスの良いフラットな音ペアで3万円を切る低価格で実現しています!

 

 価格が近いうえに同じメーカー製品ですから、よくYAMAHA MSP3と比較されますね。

 

www.adolescent-music.com

 MSP3と比べると高音が元気な印象でしょうか。MSP3のスピーカーが3インチなのに対してこちらは5インチですから、高音域の解像度などはHS5に軍配が上がるでしょう。普段音楽を聞くときも、この高音域が気持ちいいですよ。リスニング用途にもおすすめです。

 

また、なんといっても70Wの大出力で高品位なパワーアンプが入っていますから、大きな音で再生しても音が破綻せずに余裕がありますね。

 

f:id:akiblues:20190623171439j:plain

 

 

 

ある程度大きな音で

正直、あまり大きな音を出せない環境ならMSP3を使ったほうがいいと思います。コンパクトさでは敵いませんし…。HS5はある程度大きな音で使いましょう。

 

もちろん、小さい音で使えないわけではなく、むしろそのバランスが崩壊しないことに驚かされるのですが、このスピーカーはある程度大きな音で使うことを前提として作られていると感じます。

 

DTMをするうえで、やはりヘッドフォンだけでのミックスやマスタリングは不安です。

モニタリング環境は多いほうが、より良い意図した音像を作れます。私はヘッドフォン2つとこのHS5でモニターしていますよ。

 

コントロール類はバックパネルに

 

f:id:akiblues:20190623173647j:plain

バックパネルにはルームコントロールとハイトリムがついていてそれぞれ調節できますが、筆者はあまり使ったことがありません。このあたりは部屋の環境や、スピーカーのセッティングに大きく左右されますね。 

 

こちら頑張って書いた記事なので!ぜひ読んでください。

 

www.adolescent-music.com

 

スピーカーのセッティングには拘りましょう。1ランク上のモデルにしたかのような変化が得られます。筆者もHS5を買ってすぐのころは、部屋の環境とHS5の相性が悪く「なんだか低音域がぼわぼわする」「高音域が耳に刺さってうるさい」と、困っていたのですが…意外と低予算で改善できるものです。

 

特にインシュレーターはおすすめですね。低音域が締まりましたし、全体的な解像度も向上しました。

 

話をHS5本体に戻しましょう。入力にはXLRとフォンが対応しています。

 

筆者はオーディオインターフェースからCANAREのフォンで繋いでいますが、丈夫なうえに安くておすすめですよ。ギターのシールドもCANAREです。

 

YAMAHA HS5のレビューでした。MSP3という強力な対抗馬はいますが、ペアで3万円以下と大変安く、ある程度大きな音が出せる方には本当におすすめできるモデルです。

 

モニタースピーカーですが、個人的にはリスニング用途としても気に入っていますね。古めのジャズと相性がいいんですよ。

 

 

サウンドハウス