Adolescent Music Blog

音楽のお話 DTM ギター 歌詞和訳 エフェクター Apple製品 音楽レビュー 作曲 DJ etc.

リバーブの名機 Strymon"blueSky Reverb"!

リバーブの名機 Strymon"blueSky Reverb"!

 

 

 ご無沙汰しております。皆さん、ギター弾いてますか?筆者は就職活動が忙しく、あまり弾けていません。寝る前に5分だけ触って就寝、なんてことも多いですね。寝る前にギターを触ると頭が冴えちゃって、多分良くないんですけどね。

 

 

さて、今日ご紹介するのはStrymonblueSky Reverbです!

 こちらはリバーブのエフェクターですね。今や定番モデルと言っていいでしょう。Equiupboardなんかを見ても、Jeff BeckEric Johnsonが使っていますね。特にEricなんて音に厳しいことで有名ですから、期待できますね。

 

筆者も高校生の頃からかれこれ六年ぐらいは使っています。ペダルボードから外れたことは一度もないですね。

 

古いフェンダーアンプの音から宇宙空間まで…

 

まずは音を聞いてもらいましょうか。良い動画を見つけました。


Strymon Blue Sky reverberator - 10 awesome ambient sounds!

サウンドの癒やしっぷりに安らいだ方もいれば、脳が興奮してきた方もいるかもしれません。エフェクティブな使い方もできるし、どこまでも澄んだリバーブとしても使えるし、本当に名機ですよね。

 

シンセサイザーにも!

 これ、シンセサイザーに使っても素敵なんですよ!これまた良い動画を見つけてきました。


Strymon blueSky Sound Demo (no talking) with Novation Peak

ずっと聞いていたくなりますね…。実は筆者もアナログ・シンセサイザーを所有しているので、近いうちにシンセサイザーの紹介記事を書くのもいいなと思っています。

 

機能の紹介

 

 それじゃあ、機能の紹介いってみましょうか。

リバーブ・タイプ
・plate(プレート)

スタジオのビンテージ・プレートを彷彿させるサウンドが得られます。

・room(ルーム)

ベッドルームからアリーナまでのルーム・リバーブを再現します。

・spring(スプリング)

ビンテージ・スプリング・リバーブを忠実に再現しています。スプリング・モードでは、LOW DAMPとHIGH DAMPコントロールを調整して、スプリングの音色や古さを再現できます。

リバーブ・モード
blueSkyには、3種類の異なるリバーブ・モードが収録されています。

・norm(ノーマル)

各TYPEの特徴を忠実に再現した自然なリバーブ効果が得られます。

・mod(モジュレーション)

ゴージャスな広がりのあるモジュレーション・サウンドを追加します。

・shimmer(シマー)

リバーブ音に信号のオクターブ上の音を繰り返し永続的(ディケイ・タイムの長さの間)に追加して行きます。長いディケイに設定すると、倍音を含んだ美しいシンセのようなサウンドが湧き上がって来ます。プレートとスプリング・モードでは、オクターブ上の音に加え、5度上の音も追加されます。

アナログ・ドライ・ミックス
入力信号(ギター信号等)はAD変換されず、アナログのままディレイ信号とミックスされます。 アナログ信号パスは、内部で昇圧されたアナログ専用電源を用いた高級HiFiレベルのミキサー回路を採用。原音が損なわれることはありません。

エクスプレッション・コントロール
5つのノブ・コントロールから1つにアサインして、エクスプレッション・ペダルを使ってリアルタイム・コントロールすることができます。

電子リレースイッチングを用いたトゥルー・バイパス仕様
バイパス時にエフェクト音を残すバッファード・バイパスに切換える事も可能です。また、エフェクト時の信号レベルを+/- 3dBの範囲で調整することも可能です。

プリ・ディレイとダンピング
独立したPRE-DERAY コントロールと、HIGH DAMP & LOW DAMP(ダンピング)コントロールによって、リバーブの音色調整を自在に行なうことができます。

FAVORITE フットスイッチ
スイッチを長押しすると、コントロールノブのセッティングがメモリーにセーブされます。フットスイッチをオ ンにしてLEDが点灯すると、以前に保存されたパラメーターが呼び出されます。

*1

Amazonに書いてある機能の紹介がすごくわかりやすくて、筆者が言うべきことが残っていません笑 ということで筆者の気に入っているところについて自由に語ります!

 

おすすめのリバーブモード「モジュレーション」と「シマー」

 3つのリバーブタイプ(筆者はPlateが大好き!)と3つのリバーブモードで多彩なサウンドメイクができるblueSkyですが…。筆者が特に推したいのは、この「モジュレーション」「シマー」の2つのリバーブモードですね。

 

モジュレーションは「豪華で自然なコーラス」というかんじ。使っているアーティストにEric Johnsonがいると書きましたが、彼のサウンドには本当にぴったりだと思います。

この曲が出た頃はまだblueSky自体がありませんが…。最近のライブで使っているみたいですね。うーん、彼は他にもコーラスユニットを持っていて、ちょっと特定には至らなかったので、「明らかに使っているよ!」って動画があったらコメント欄で教えてください。

 

シマーは…ええと、これは一言では言い表せません。「流麗なシンセサイザーのパッド」であり時に「不穏な宇宙からの来訪者」であるからです。もう一度、先程のメーカーからの説明を読んでみましょうか。

 

・shimmer(シマー)

リバーブ音に信号のオクターブ上の音を繰り返し永続的(ディケイ・タイムの長さの間)に追加して行きます。長いディケイに設定すると、倍音を含んだ美しいシンセのようなサウンドが湧き上がって来ます。プレートとスプリング・モードでは、オクターブ上の音に加え、5度上の音も追加されます。

 

時に不穏になるというのは、この「5度以上の音」が鍵になっているのではないでしょうか。筆者の大好きなインディ・ロックで使いがいがありますね。

 

エフェクト音は超高音質、そして原音はそのままに…

  このエフェクト音の高音質っぷりは相当なもので、アナログからデジタルに「24bit,96Hz」で変換されるんです。

 

これはどのくらいかと言うと…まずCDが「16bit, 44.1kHz」ですし、コンピュータ上で音楽を作ったり編集したりするときも「24bit,48kHz」くらいが一般的でないでしょうか。

 

つまり、blueSkyはちょっとオーバースペックなんじゃないかというぐらい高音質です。それでいて原音はそのままエフェクト音とミックスされるわけですから、本当にこだわりぬかれていますね。

 

FAVORITEフットスイッチが便利!

  FAVORITEフットスイッチを使うと、マルチエフェクターのように、ひとつだけパッチを保存することができます!呼び出すのはスイッチひとつ、保存も長押しで良いので単純明快です。

 

「フェンダー風のスプリングリバーブサウンドから、いっきに宇宙空間のようなSFサウンドへ…」なんてことも簡単にできるわけです。

 

最後に

 

 StrymonblueSky Reberb、いかがでしたか?今持っているリバーブユニットをさらに高品質なものに置き換えたい方や、心地よいモジュレーションを加えたい方、そして宇宙に飛び立つシマーサウンドが欲しい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

では筆者も、これから宇宙に旅立ってこようと思います。10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、さようなら。

 

サウンドハウス