本家エレハモがラムズヘッドを復刻!Electro Harmonix Ram’s Head Big Muff Pi ビッグマフ【レビュー】

本家エレハモから遂にラムズヘッドの復刻版がリリースされました!

当方ギルモア先生に憧れているのですぐに購入しましたよ。。。。

それでは早速レビューします!

ラムズヘッドって?

ビッグマフの2代目として1973年に発売されたファズペダルです。

オリジナルは中古市場でとんでもない価格で取引されていて、アマチュアミュージシャンが手に入れるのは大変でした。

著名な使用者はPink FloydのDavid GilmourやDinosaur JrのJ Mascisとかですかね。

音はこんな感じです。

Gainやギター本体の音量を調節することで、ジリジリとした轟音ファズから上記の動画のような伸びのあるディストーションまでカバーできます。

どんな音?

現行マフや初代マフ(トライアングル)よりも一般的なファズに近いジリジリ感があります。

とはいえビッグマフファミリーなのでToneとGainを調節することでほぼディストーションのようなサウンドも出せます。

現行・ロシアン・トライアングルの各Nanoシリーズを試奏した感じと比べると、一番中域が前に出てくる印象

マフ特有の奥に引っ込む感じをあまり感じないので汎用性は高いかと。

ドンシャリサウンドが出したければ現行マフの方が向いてると思います。 

こちら筆者オススメのセッティングで、アンプはクリーンに設定して使ってます。

ストラトにVOX AC30と組み合わせたときの骨太トーンがたまりません、、、!

まとめ

ビッグマフは全体的にディストーションよりなので扱いやすい部類には入りますが、それでもセッティングの奥深さは沼のよう、、、

ちなみにこのNanoシリーズのビッグマフは復刻版とはいえ現代的な仕様なので、一般的なDCアダプター以外に9V電池駆動にも対応しています。

Nanoシリーズということでペダルボードにすぐ組み込むことができるサイズも魅力ですね。